IMG_1497

「月の明かりコンサート2016」ありがとうございました♪

昨日、和泉市弘法寺で「月の明かりコンサート2106」を開催させて頂きました。
ご来場いただきました皆様、また、開催まで応援して頂きました皆様、本当にありがとうございました!

人の気持ちも変わっていく5年目、5回目のチャリティコンサート、どうしたら、コンサート会場であるお寺に足を運んで頂けるかなぁ?って、考えました。。。けど、これっという答えもないまま本番まで時間だけが過ぎたような気がします。
その中でも、今回の月の明かりコンサートは、「音楽で楽しく、祈りでやさしく、そして募金よろしく」というテーマを自分の中で持って挑みました。
お寺で実施させて頂く以上、「お寺だからこそ」できること・・・「祈り」かな。っと。
毎年、副住職、また、お坊さんたちで、震災の時刻に合わせて、法要をして頂いてました。
今回、その経験を元に、自ら、その時間を「祈りの時間」として、プログラムさせて頂きました。

僕の音楽仲間たちの音楽観というか感性が、回を重ねるごと、研ぎ澄まされていくように感じて、全員、素晴らしかった。僕はとても嬉しい気持ちでいっぱいでした。まさに「音楽で楽しく」が繰り広げらていました。
そして、震災時刻に合わせて、副住職のお導きによります「祈りの時間」。とてもいい時間でした。
途中、副住職のマイクが「ピーー」っとハウリングしましたが、音響担当の僕の友達を、許してしまうほど、やさしい気持ちになりました(笑)それは冗談として、やさしい気持ちになれた副住職のお話を少し、皆さんにおすそ分けさせて頂きます。

(前略)・・・・祈りとは、亡くなられた方に気持ちを向ける、想いを向けるというのも、もちろん重要なこと。
また、今、生きている、今、がんばっている、そういう方々にも、「みんなでがんばろうやないか!」、っと、今この時の幸せを、この祈りに乗せて、幸せのおすそ分けをする。
「みんなが幸せであれ」っと祈ることも祈りの重要なことだろう。。。(文章力がなく伝わりにくくてすみません。)

祈りに乗せて幸せのおすそ分け・・・そのお話しを聴かせて頂いて、本堂いっぱいになった人々、そして僕たちは、優しい気持ちになることができた

お寺に集まっていただいた来場者の皆様からの募金、僕の本音は、不安もありました。
けど、¥56.422円ものお気持ちが集まった。

月の明かりコンサートのテーマの「音楽で楽しく、祈りでやさしく、そして募金よろしく」
が、形になった催しだった。

副住職さん、檀家さん、お寺に集う人々、そして、出演者の皆様、スタッフの皆様、ここで一人一人全員紹介したい人柄の方ばっかり!
来年2017年は3月12日と日も決まっています、是非、この仲間たち全員で創り上げるお寺の催しにできればいいなと思っています。そして、「10年続く月の明かりコンサート」を目指してがんばりましょう。

1日が終わって、振り返ると、音楽と祈りをみんなで共有することって、人と人とのつながりを強くすることができる。そんなことを感じました。

月の明かりコンサートで、「東北とつなぐ」というプログラムを担当してくれている被災地から感謝されている「つなぎす人 久一千春」さんが、よくいうフレーズ。「つながった!つながったっ!」
何か行動を起こすことで、人が反応する、そしてつながる。うれしい再会もあったりする。
ご来場いただきました皆様、また来年、和泉市の弘法寺でお会いしましょう。
ありがとうございました!

12472817_2258110504327790_2415042747766624098_nIMG_1487