sIMG_2116

強くて、優しい「金剛蔵王権現」!大迫力!

しかし、イカツイお顔の仏さまですねぇ。
けど、片足を上げてるお姿が、なんか愛らしかったりしますねぇ。。。その名も「金剛蔵王権現」
1度お会いしてみたいなとずっと思っていて、漸く、2015年の春の開帳で参拝することができました。
4月初め、吉野の桜は、まだ5部咲きにも満たない状態で、山間は少し肌寒いくらいでした。
通りには、いろいろなお店が並んでて、風情がある通りでした。私は、お漬物屋さんで、「コンニャク胡瓜」のお漬物をゲットしましたね・・・。と言うか、試食を勧められ・・・購入を勧められ・・・断りきれず・・・よくあります(汗)
お味は抜群に美味しいかったです!

さて、通りのお店に寄り道しながら、だんだんワクワク、ドキドキしてきました、「もうすぐ蔵王権現や~」みたいな。
朝一番に入山したので、人も少なく、すぐ、どでかい本堂に入らせて頂くことができました。

まず、「金剛蔵王権現」、想像してたより、大きかった!開口一番「でかっ!」身長7.28mですから、そりゃすごい。
すっごい大迫力で迫ってきますね。。。何かしら三体の蔵王権現と、このお堂とも一つになっているような感じがしましたね。そして、案内の方に、一人ずづ入ることのできる「蔵王権現特設拝観スペース」(私が勝手に名づけました)に誘導して頂き、一人静かに蔵王権現さんと向き合う時間をとることができました。
見ればみるほど、怒ってる顔なんだけど、なんか身近な存在に感じてくるんですね。
それもそのはず、普通の仏さまの忿怒のお顔は赤いんですね。しかし、この吉野の蔵王権現さん三体ともお顔が青いんです。なぜ、怒り・興奮を表す赤より、青なのか?蔵王権現さんは、怒りだけではなく、すべてを赦し、育み、人々を導こうという慈悲の心があるから、深い青で彩れているそうです。う~なるほど・・・。

そして、三体の蔵王権現さんは、なんと化身だった!・・・!
そもそも「権現」とは仮に現れるという意味らしいんですね。実は、釈迦如来・観音菩薩・弥勒菩薩/(過去・現在・未来)の化身なんです。そう思って、蔵王権現さんを見ると、お顔はお怒り顔でも、とてもありがたい気持ちになりますね。化身ということを知らなくてもね(笑)
初めて見た金剛蔵王権現!非常に嬉しい気持ちになりました。今度は秋にお厨子が開くらしいですよ。
秘仏を拝めるなんて、ありがたいことですね。

さて、こんな大きな仏さまたちがいるお寺の名前は「金峯山寺(きんぷせんじ)」山岳信仰の聖地吉野を代表する山岳霊場のお寺です。役行者の開創だとのことです。修行という言葉がピッタリときますね。こういった先人たちの信仰があったからこそ、神も仏もすべてありがたいんだと思います。

来週は、この修験道の体感のごとく、山登りにチャレンジしたいと思います。けど岩場登っていくのは、堪忍して下さいね、隊長!

吉野エリアはまだまだご紹介したい素敵な古刹と神社がありますので、楽しみにしてて下さい。

金剛蔵王権現開帳の情報は金峯山寺のホームページでチェック!
http://www.kinpusen.or.jp/index.html
sIMG_1262sIMG_1266sIMG_1263sIMG_1261sIMG_1285s写真

奈良県吉野郡吉野町吉野山2498
道は狭くなるけど、近くまで車で行けます。駐車場あります。
近鉄 吉野駅下車 ロープウェイ山上駅より徒歩10分

奈良県吉野郡吉野町吉野山2498