sIMG_0006

美しく尊い国宝十一面観世音菩薩/渡岸寺観音堂(向源寺)

以前、観音の里の記事を書いた続きになります。
なんといっても、こちらの十一面観音さまは、ご紹介したいと思い、書き出すしだいです。

長浜市高月にあります渡岸寺観音堂(向源寺)に安置されております国宝の十一面観音菩薩さまです。
たくさんの方がこの仏さまについて紹介されておりますので、詳細はリンク先をご参照いただくとしまして。。。
私は拝ませて頂いたときの感想を「美しい」と「尊い」という観点からお話させて頂きます。

鳥肌が立つくらい美しい。
観音さまに向かってこんな表現はどうかと思うのですが、ほんとに美しい。
プロポーションというのでしょうか、スタイルというのでしょうか、、、腰を少ひねってお立ちになっているお姿。官能的です。頭上の10面のひとつひとつの大きさが、わりと大きめなんですけど、違和感がないんです。
イヤリング(じとう)みたいな装飾品もお付けになっていて、ガイドの方も言われてましたが、インドや西洋の雰囲気があります。
そして、観音さまをいろいろな角度から見ることができます。後ろ姿も美しい。。。真後に回るとあの有名な「暴悪大笑面」も見ることができます。そのお顔を見ていると、笑っているのですが、「お前の悪い行いは、お見通しですよ・・・」っとなにやら、目をそらしたくなるお顔をされております。
ガイドの方がとても親切でした。この観音さまが好きで好きで仕方ないというような気持ちが滲みでていらっしゃいました。「あー僕も、このガイドさんみたいに毎日、こちらの観音さまのそばにいたいなぁ」っと思ったしだいです。
そのガイドさんから、この十一面観音さまを見る一番良い角度を教えて頂きました。その位置に立つと、とても違うお姿を拝見できます。それは、秘密です(笑)

そんな十一面観音さま、この村人の方々のご先祖さまとの歴史を知ると、とても尊い気持ちになりました。
戦乱が耐えない戦国時代、姉川の合戦、信長が天台宗を目の堅きにした影響で、この地の沢山の仏さまが失われたんですね。その中、こちらの観音さまは、戦火の中、村の方々が、土の中に埋めてお守りしたんです。この観音さまだけではなく、土の中や池の中、重しをつけて川の中などでお守りしたお話がこの地ではよくあります。

そのような村の方々の観音さまを救おうとした尊い気持ちが、この観音さまの慈悲となって、現世の方々をお救いしているような気がしました。
先人たちが自身の命よりも、大切にお守りし、後世に観音信仰をつなげようとした志が、今も尚、遺伝子として、この村の方々に引き継がれている。なにやら、私は失礼かもしれませんが、羨ましく思いました。ほんと有難いです。
この十一面観音さまの一番良い角度・・・そこで見ると、今にも手を差し伸べるがごとく、こちらへ向かって走り出すようなかんじで、前衛姿勢のお姿を見ることができます。
現世で困っている人を救済しようと、いつでもそこへ向かう姿勢でいてくれているんですね。
準備OK!みたいな。。。ありがたいですね。

同じお堂内に胎蔵界の大日如来さまもいらっしゃいました。
大日如来さまのお姿も観音さんのインパクトに負けず劣らず素晴しい仏さまでした。
とても優しいお顔立ちで、けど強さを感じる大日さまでした。
sIMG_0007

それと最後になりますが、近くにあります観音の里民族資料館で焼け焦げた仏さまを拝観することができます。当時の無情・無残さを感じます。
sIMG_1927

奈良・京都の有名な観光寺、それぞれの場所にあるお寺さん、そのお坊さん達が仏教に基づき、それぞれの宗派による教えを布教して頂いている。そして我々がちなんだ教えを選択している。
その日本仏教の流れが頭の中にあった私は、この高月のような、人々が主となって信仰心を絶やさず、仏さまの教えを貫き通し、また守り守られの関係を築いているそのような仏教の在り方がとても心地よく心に落ちた。

仏さまのお世話人の方々、ありがとうございました。

*十一面観音さまと大日如来さまのお写真は、ゲットしたポストカードを撮影しました。

sIMG_1932sIMG_1942sIMG_1937sIMG_1936sIMG_1941sIMG_1943
渡岸寺観音堂(向源寺)の参拝について

住所:長浜市高月町渡岸寺50
JR高月駅から徒歩10分
ぶらぶら歩くと、ゆるーくて気持ちよくなる街並みです。
拝観時間は9:00~16:00
この地区のお寺の拝観はほとんど世話人の方に事前予約が必要ですが、こちらは、予約ないでもOKでした。
拝観料:300円

長浜市高月町渡岸寺50

sIMG_0008
観音さまについて参考になるサイト
日本仏像100選
http://kitabiwako.jp/spot/spot_947/
こちらの方のブログで暴悪大笑面のお写真が見れます。
http://www.geocities.co.jp/oiwakeok/index.z-kan-sato.html
仏像ワンダーランドさん
http://butsuzoworld.com/siga/siga_area/pg51.html
「十一面観音さまご利益」について詳しく(千葉県の龍妙院さんのサイトです)
http://www5b.biglobe.ne.jp/~ryumyoin/kanzeon.html