IMG_1120

CIECLE OF BUDDHIST –NO3-

今回は、大阪府守口市にあります曹洞宗「南詢寺」の副住職「嶽盛俊光」さんにお願いしました。
嶽盛俊光さんは、サークルオブブッディスト2回目の若林唯人さんからご紹介頂きました。
とても、ありがたいご縁を頂き感謝しております。ありがとうございます!

俊光さんは、禅宗で有名な福井の「永平寺」でご修行されたお坊さんなんですね。
お坊さん皆さんとてもご縁を大切にされるのですが、俊光さんは、特別ご縁を大事にされるお人柄でした。
また、ご自分ではご謙遜されていましたが、とても素敵ないいお声をされています。やはりご修行の積み重ねでしょうか。
そして、素晴しいお話を頂きましたので、是非、皆さんご覧くださいませ!

今回、私が印象に残ったお話は、食事の作法の大切さでした。食事を頂くにあたり、私の日常は、ただ、「いただきます!」と言っているだけで、感謝の気持ちが希薄だったなぁと痛感致しました。
目の前にある食事=そのものの命、それまでにいたる背景、人の気持ち、時間・・・・
ひとつの食べ物が今ここにある背景に、どれだけの目に見えないものがあるんだろう。
それを考えると自然と「いただきます。」も違った思いになりますね。
まぁ、私の場合、この気持ちを持続させないといけません(笑)

そして、今回から、ご出演いただくお坊さんの好きな言葉とか大切にしている言葉とかを聴かせて頂いてます。
俊光さんの大切なお言葉は、、、、動画をご覧くださいね。
とても深い、ありがたい気づきがあると思います。

嶽盛俊光さん、素敵なご縁とお話を頂きありがとうございました。
また、4回目のお坊さんのご紹介も決まりました。どうぞよろしくお願いします。

お知らせ
嶽盛俊光さんによります座禅会が開催されます!
日程:10月20日(火)18時より
場所:ナチュラルキッチンめだか2号店
   〒530-0056 大阪市北区兎我野町3-20 雁木ビル1F
http://www.shin-medaka.com/
お申込・お問合せはお電話で。電話番号:06-6364-7108
詳しくは、下記チラシ案内をご覧ください。

撮影日:  2015年9月22日
お坊さん: 曹洞宗 南詢寺 副住職 嶽盛 俊光さん
ゲスト:  株式会社SEA.SON 秋庭 宏是さん
挿入歌: アイリッシュハープ「みつゆき」さん
案内役: 「愛と笑いのお寺のご縁」中野 満

12023223_1502227140097405_1301395041_n

南詢寺のご紹介
正保2年(1645)淀川の堤奉行であった鈴木重成公が戦乱による多数の犠牲者を弔うために建立した『南詢庵』を起源とします。重成公は京都宇治の興聖寺懶禅舜融禅師を開山として招き、禅宗(曹洞宗)の寺院としました。
当初は宮寺でしたが、明治時代に神仏が分離され現在の境内になりました。
◆ 南詢寺沿革 ◆
正保2年(1645年)、徳川家に仕え大阪淀川の堤奉行であった鈴木重成(しげなり)公が戦乱による多数の犠牲者の菩提を弔うために建立した『南詢庵(なんじゅんあん)』を起源とします。
重成公は実兄鈴木正三(しょうざん)と親交のあった京都宇治の興聖寺(こうしょうじ)懶禅舜融(らいぜんしゅんゆう)禅師を開山として招き、禅宗(曹洞宗)の寺院としました。
当初は鳥居をくぐりお寺にお参りする宮寺(みやてら)でしたが、明治時代に神仏が分離され現在の境内になりました。

◆ 正面玄関の手漉き和紙 ◆
古来より日本で受け継がれてきた和紙は「白い紙は神に通じる」とされ、不純なものを浄化すると伝えられてきました。
国内外で活躍される堀木エリ子さんに特別に制作いただいた和紙の作品の姿は時間によっての日光や照明の当たり具合や御覧いただく方の心の持ちようによって作品全体に対する印象も変化します。
全ての物事は相互依存(そうごいぞん)関係によって成り立つとされる「縁起(えんぎ)」という仏教の世界観を手漉き和紙で表現しました。
皆様には、先祖代々菩提の御供養や当寺の御本尊様(釈迦牟尼佛)にお参りいただくと共に「生成り(=純白)の和紙」で仏教の世界を少しでも感じていただければ、幸甚です。

◆ 永代祠堂・納骨供養墓 ◆
墓所を新設しても、将来の維持管理などを心配される方や、経済的な負担が大きいと感じる方にとりまして、寺院での永代供養が解決策のひとつであると考え、昭和45年に納骨供養墓を建立致しました。
継承者の有無に関係なく住職が責任をもって永代の供養と管理をお約束するお墓です。いつでもお参りいただけます。
詳細はお問い合わせ下さい。

◆ 年中行事 ◆
 3月21日 春期彼岸会法要
 8月14・15日 盂蘭盆会法要
 9月21日 秋期彼岸会法要

・生前戒名(生前の葬儀に関しての御相談)
・永代祠堂(献牌・記帳)
・納骨・預骨
・お寺や自宅での年忌法要

※各々、常時受付しておりますが、菩提寺(お葬式でお世話になった寺院)
 の了解を必ず得てください。了解がない場合は、お受けできません。

※守口市・門真市・寝屋川市・枚方市・大東市・四條畷市
 ・吹田市・旭区・城東区・鶴見区・東成区・東淀川区・北区
 自宅や葬祭会館・斎場での葬儀・年忌法要、お伺いいたします。